背景美術家ののーと

世界一ゆる~いアニメーション背景画家、ののりが日々感じた事や、出来事を綴るブログ。

「アニメのキャラクター描いている人、背景描いている人」

 

 初めて会う人に、私アニメの背景を描いています、と言うと「キャラクターと背景って、一人で描いてるんじゃないの~?」と返ってくる。

こう認識してる方、多々いらっしゃいます。

基本、キャラクターと背景は別々の人が描いているのです。

 

f:id:aquarialove:20170714014342j:plain

 

 

アニメのお仕事=アニメーターって連想するのでしょうか。親戚や知人に「ねぇねぇ、何かキャラクター描いて!」と、せがまれることもしばしば。

私、背景が得意なんですけれども。。。

 

背景を描く人って、特に決まった呼び方もなく「背景画家」「背景マン」「背景絵師」などと言われています。

 

ちなみに、私は名刺に「アートデザイナー」って書いています。なんだか曖昧(笑)

そんな名刺渡されても、いったい何をデザインしているの?と思っちゃいますね。

 

画面に、ほんの1~2秒しか映らない背景でも、5~6時間かけて描くことも。

そういう背景なら、ぱぱっと描いて終わらせたいところですが、チェックするときは1枚の静止画の状態なので、監督さんによっては「粗い」の一声とともに返品されたりすることもあります。

 絵に正解・不正解はありません。あるのは好みの違いだけ(笑)

 

世界中、いや、宇宙中の色々なものを描くので、終わりはない世界ですね~。

墓場の絵のオーダーがきた時は、ちょうど葬式に参加予定だったので、いいロケハンが出来ました(笑) 

 

画面の中で、大きな割合を占める背景ですが、アニメを見るときはキャラクターに目が行くのは自然なことだと思います、私も背景美術のことを知る前はそうでした。

 キャラクターの後ろには、一瞬で流れるのには、もったいないような見応えのある背景もあるので、たまには鑑賞してみるのも楽しいですよ☆

 

f:id:aquarialove:20170714014405j:plain